多くの野菜を摂れる日本人で良かった

「野菜を食べること」について、私は、特別に思うことはありません。
それは、ごく自然、当然なことだからです。

「肉を食べること」や「魚を食べること」などと同様に、私にとっては、ごく自然で当然で、楽しい事のひとつなのです。

しかし、確かに世間には、「野菜が嫌いで、食べることが特別」な人もいます。
私がそういう人達を不思議に思うのと同じように、そういう人達は私みたいな人間を不思議に思うのでしょうか。

私は、野菜を食べるのは大好きです。
食わず嫌いで、食べた事がない野菜もありますが、それ以外はきちんと美味しくいただいています。

子供の頃に、苦手だった、三つ葉や人参も、歳を重ねるごとに、その味に親しめるようになりました。
三つ葉は苦みがあるけれど、卵を使ったとじものの料理には、無いと物足りなく感じます。
人参にも苦みはありますが、その味こそが人参の美味しさだと思っています。

日本には野菜を使った料理が沢山あります。
トン汁なども、単純だけど、多くの野菜をらくに摂れるおいしい料理だと思います。

寒い日に、具沢山のトン汁を作り、口にすると、
「ああ、日本人に生まれて良かったなぁ。」
そう、しみじみと思います。